2005年02月01日

オルゴールの楽しみ方

最近、自分の中で変なオルゴールの楽しみ方がでてきた。
今までは、大型のアンティークオルゴールにしか目を向けていなかったので、音楽性を求めていたり、
そのメカニカルな不思議さや、刺激を求めていた。
ところが、最近日本のオルゴールメーカーを調べていくうちに、小さな小型オルゴールが増えていき、少ない音の中に、自分で評価をつけるようになってきた。
オルガニートもかなり無理な編曲のものもあって、「おいっ!この作者はこれで許すのか?」
というようなものもある。
なぜかメロディラインを捨ててしまい、そこを休符にするすごさだ!


評価は以下の通り

編曲のうまさ(いかに編曲がうまく出来ているか?音が不足していないか?)
編曲の無理さ(逆に、笑えるぐらいヘタな終わり方や省略をしたものに逆に評価)
間違え(和音の間違や、この音を入れればよかったんじゃない?と思う点など)
懐かしさ(この曲はまさにオルゴールの為にあるというような哀愁を感じさせるもの)

などで、インパクトで決まるものがほとんどだ!
特に、最近聞いたもので、この曲何?曲名が全く分からなかったものがあった。
でも私が良く知っていた曲だった。
ブログで、音もだせるといいのになー




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。