2005年02月14日

オルゴールボールとグリフィンエッグ

オルゴールボールという名前がついているハーモニーボールは、どこがオルゴールかは良く分からないが、興味がありいろいろと調べている。
おそらく知っている人は、誰もがその音に惹かれて大切に扱っていると思う。

もともと日本には中国から保定鉄球というものが昔からはいっていた。
もちろんその頃は、オルゴールボールは入っていなかったから私は見つけ
次第すぐに、それを買った。
今では、珍しくないが当時は見せる人見せる人が驚いてくれたので
ちょっとうれしかった。
その頃は、日本でも珍しかった。

それから10年後、アメリカに輸出がされたようで、サンフランシスコなどでもグリフィンエッグの名前で保定鉄球が売られるようになった。
ただ、保定鉄球は、手のひらに2個のボール状の保定鉄球をもち、片手でクルクルまわすことにより、老化防止や、リラックス?などの健康的な効果を狙うというものだったのに対して、グリフィンエッグは、1個単位で売られていた。
つまり、グリフィンエッグは、健康を目的にしたものではなくて、音を楽しむだけの不思議なボールという物となっていた。

posted by harpmaster at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オルゴールについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。