2005年02月18日

中国の時計はうそつき からくり時計

中国の皇帝の話に続けて中国の話題

3年ぐらい前、時計を買ったときの話を・・・・・
先に書いたシンギングバードを、かなり小型化した鳥かごの形をした時計がある。
80年以上前に、日本で作られた時計で1秒ごとに、鳥が体を揺らす機構が付いている。
高いものだと、鳥の声がするものもある。
その時計を骨董市で入手した。
ところが、それは中国製の贋物だった。
おそらく、それを贋物と売った人は知っていたことだろう。

古く汚くなっていたのに、時代付けをしたものらしい。
(時代付けとは、古くするために
わざと土に入れたり、表面を焼いたりして汚くする行為だ!)

現在でもYオクなどにも出てくるが、ほとんどの場合には、知っていて出展しているので
時代については一切触れないでコメントを書いて出している。

幾つかのタイプがあるので注意が必要だ!

それで、この話を知人に話したら、鼻で笑って、中国人は4代で時代付けをするから・・・・
といっていた。
つまりひいおじいちゃんが、ニセの陶器などを作って酸化させたり、土の中に入れる。
それを100年後にひ孫が掘り出して売るわけだ!


posted by harpmaster at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | オートマタ からくり人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。