2005年02月28日

オートマタとからくり人形の違い

オートマタとからくり人形の違い

オートマタとは、オルゴールの動力で動く人形のことを言う。
実際には多く例外を含むが一般的にはそう言われている。

一方からくり人形は、日本のゼンマイ動力などで動く人形を指す。
基本的には、江戸期に盛んだったが、江戸期にオルゴールは日本で作られていなかったために。
曲にあわせて動く人形ではない。

オートマタは、時計からの発展というだけに、金属のギアなど小さくて精巧な部品が多く目立つ。

一方、からくり人形は、時計とはあまり関係なく自由な発想で作られたものも多くあり、
かならずしも時計と関係はない。
しかしながら、おどろくのは、ギアが木であったりする中で、錘や振子も使った物理の応用が見られる。
日本独自の文化はなかなか個性があって面白い。
posted by harpmaster at 22:38| Comment(5) | TrackBack(0) | オートマタ からくり人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オートマタはフランス語で自動人形のことをいいます。だからオルゴールが付いていないオートマタもある…と思っていました。
まあ、このへんの定義のしかたは釈迦に説法になりそうなのでやめときます。(^^ゞ

しかしオルゴール博物館で『西洋からくり人形展』などと称してオートマタと江戸からくりをいっしょにするのはやめてほしいです。(^^;
Posted by ヒサヨシ at 2005年03月05日 17:35
そうですね!
でもいちようアメリカやドイツではオルゴールがついているかいないかで、呼び方が変るようです。全く紛らわしいですね!

1:オートマタ
オルゴールを動力として人形を動かすもの

2:メカニカルドール
メカニカルな動きをするゼンマイ(バッテリー)人形
メカニカルTOYなどともいいますね!

3:ミュージカルドール
オルゴールが内臓されている人形、またはそれによってちょっとだけ動く人形

オートマタとからくり人形を一緒にするのは
確かに私も好きではありません。
特にオートマタやオルゴールの会場の横に学研の人形が売られていると、これは違うんじゃないの?と思ってしまいます。
Posted by harpmaster at 2005年03月05日 18:05
忘れていました。
類似品として
モーションディスプレイなどもありますね!
Posted by harpmaster at 2005年03月05日 18:08
あそうそうモーションディスプレイちょっと興味あります。

おもちゃコレクションで有名な北原照久さんはこのモーションディスプレイのコレクターでもあるそうです。

http://www.d-cue.com/leisure/museum/
Posted by ヒサヨシ at 2005年03月05日 18:23
ここもそうです。横浜マリンタワー

http://www.hmk.co.jp/tenbo/omocha_kan/omocha_kan.html
でも、モーションディスプレイには出来が悪いものもあるし、アーティストと言って作っている作家は内外にボツボツといますが、出来が悪いですね!子供の工作みたいです。
やはり、素材の吟味と基礎ができている人の作ったオートマタを越えることはできませんね!
Posted by harpmaster at 2005年03月05日 19:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。