2005年03月09日

自動オルゴール注文しちゃった。

今日は、なぜか朝起きたら勢いで、あの自動オルゴールを注文してしまった。
あれだけ、買わないとブログで書いていたのに・・・・
メールを送った限りでは、かなり音も静かだそうだ!(もちろんモーターの音)
いつくるのか待ち遠しい!
100曲連続演奏で、何曲まで飽きずに聴いてられるか自分でも試して見たい
ということもあるので・・・・
1曲30秒だとすると50分連続だ!

良かったらレポートします。
悪くてもレポートします。
posted by harpmaster at 00:07| Comment(6) | TrackBack(0) | オルゴールについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
harpmaster様
私も買ってしまいました……。eBayで$95.00というのを見つけたので、100曲入りなら1曲当たりわずか100円!(送料含まず) いざとなれば、耳コピでオルガニートのカードを作っても十分元が取れるというセコイ発想からです。
亀太郎様も既に注文されたようですし、お互い有意義な情報交換ができるといいですね。
Posted by ニコル at 2005年03月09日 01:05
連続書き込みすみません。
例のオルゴールですが、手前に2つの選曲つまみがあり、それぞれ左が「A-J」、右が「1-10」というようになっていて、「A-3」というように選曲する仕組みになっているようです。
したがって、100曲連続演奏ではなくて、同じ曲が繰り返されるのではないか、と思っているのですが……。
これも現物が届けばすぐに分かることですけどね。
Posted by ニコル at 2005年03月09日 01:10
$95は凄くお買い得ですね!結構悔しいなー
おまけに送料は
$59.90 - Airmail shipping
$2.20 - insurance
です。

連続できないんですか・・・・・
CPUのポートにスイッチの情報がそのままはいっているようでしたら、CMOSのデシマルカウンターなどで信号を出して切り替えが簡単にできると思います。
皆で知恵出して克服しましょう。
もちろん改造するつもりであればの話です。

そういえば、オルガニート>リズミカの改造の
モーターのディレイ回路ですが、スイッチの
Posted by harpmaster at 2005年03月09日 11:16
位置を変えてもダメということですね?
Posted by harpmaster at 2005年03月09日 11:22
わー、もしかするとヒット商品になるかもしれませんね(笑)
100曲連続演奏・・当然出来るものと思いこんでいました。
ショックは大きくなる一方ですが、それでも到着がすごく楽しみです♪
私の場合は、日本語のサイトで日本の金融機関に払い込みです。ただ送料をケチって他の商品と一緒に送ってもらうことにしましたから少し時間がかかるかもしれません。
Posted by 亀太郎 at 2005年03月09日 16:35
私の方も送料と保険料は一緒です(当たり前でしょうけど…)。ネットで価格を調べてみると$165〜$240位ですね。(出品者の評価は高いのですが)ちょっと安すぎてかえって心配になってしまいます。まあ、そのうち分かるでしょう。

オルゴールの演奏ですが、指定した曲番から順に演奏していくようですので、同じ曲を繰り返す訳ではなさそうです。ただし、10分で自動停止するようです。

電子回路は苦手なので、どういじったらいいのかよく分かりませんが、改造には興味がありますので、色々教えて頂ければ幸いです。

ところで、オルガニートの電動化ですが、カードを素早く差し込むことで問題は解決しました。カード挿入時の動きを具体的に書くと、
1)カードを差し込む
2)上部金属カバーが持ち上がる
3)マイクロスイッチの電源が入る
4)モーターが回る
5)ギヤを通じて駆動軸が回る
6)スターホイールが若干動く
という流れになります。この一連の流れは一瞬で起こるように見えますが、実際には「慣性」や「遊び」があるので、ほんのわずかずつタイム・ラグが生じているのです。これまでは、ゆっくりカードを差し込んでいたために、カードの先端がスターホイールの並んでいる部分に到達するのが6よりも後になってしまっていたのですが、これを素早く挿入することで、6より前にすることが可能になったのです。

スイッチの取付位置の変更ですが、既に接着剤で強力に固定してしまっているということを別としても、現在の位置以上に適切な場所があるとは思えません。

また、遅延回路についても、CR回路をモーター駆動の直列に入れるとなると、馬鹿でかいコンデンサーを入れるか、電圧をうんと高くして抵抗で電圧を落とすような設計にしなければならず、非現実的です。リレーやサイリスタを使った回路を入れるのはちょっと大げさですし、面倒です。

という訳で、今のシンプルな方式のまま、「運用面でカバー」することにしました。
Posted by ニコル at 2005年03月09日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。