2005年04月06日

オルゴールとの正しい付き合い方

2日前から口内炎ができて、食べ物を食べる時に痛い!
ふと、どこかのサイトでオルゴールを聞いて口内炎を治すというのを読んだような気がする。
私はオルゴール療法については、否定はしないし、むしろ肯定する派だ!
でも普段から予防はバッチリなぐらいオルゴールは聞いているのに、なんで口内炎ができたんだろう!
オルゴールとの正しい付き合い方が出来ていないのか?
そうか、聞いているオルゴールが悪いのか?
いや、曲が悪いのか?
それとも・・・・それとも・・・・

そんなことどうでも良いので、この痛い口内炎を治す薬誰か教えて!
posted by harpmaster at 01:58| Comment(8) | TrackBack(1) | メモ、オルゴール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。お仕事お疲れ様です。

口内炎って本当にいやですよね。口内炎に効く薬といえば「ケナログ」です。これを塗ればすぐに直ると思います。
でも、そもそも口内炎ができないようにする方がもっといいですよね。実は、その方法があるんです。口内炎ができるのは、粘膜が弱ってくるからです。じゃあ、なぜ粘膜が弱ってくるか、というとビタミンB群が不足するからです。徹夜をしたり、深酒をしたりすると、ビタミンB群が不足しがちになります。特に、アルコールを分解する時には大量にビタミンB群を消費するので、徹夜続きの後の「打ち上げ」というのは最も危険なパターンになります。
私も、以前はこうしたケースによく口内炎を作っていたのですが、最近では、お酒を飲み過ぎたと思ったときは、レモン水(水分及びビタミンCの補給=いずれもアルコールの分解に必要)とビタミンBの錠剤を飲むようにしており、ほとんど口内炎ができなくなりました。

お役に立てれば……
Posted by ニコル at 2005年04月06日 22:50
こんばんはニコルさま
ビタミンBですね!ありがとうございます。
私は薬は嫌いな方ですが、そうも言ってられないので・・・・・さっそく試してみます。

Posted by harpmaster at 2005年04月07日 01:12
ビタミンB効きました。ニコルさまありがとう!
Posted by harpmaster at 2005年04月08日 07:05
私もときどきなりますが、興和のデスパコーワというのを使っています。ベトッと塗りたいときはサトウ製薬のサトウ口内軟膏を使っています。あと小林製薬のピリコートこれは私にはあんまり効かないのですがぬりぬりする棒が付いていますので試しにいいかもです。
あと、やっぱりビタミンBはいいです。私はファンケルの錠剤を飲んでいます。来たなという時にとか、なってからも直りが早いような気がします。
Posted by ヒサヨシ at 2005年04月11日 01:04
オルゴール療法については私も否定はしないし、むしろ肯定するほうです。
オルゴール療法というと大阪のルヴィーブルの佐伯さんがカリスマ的存在ですね。
口内炎の効果もありましたよ。
http://www.musicbox.jp/rei/kounaien.html

また、オルゴール療法の講座が下記で見られます。
http://www.culture-service.com/
以前あったページはなくなっちゃたようです。
Posted by ヒサヨシ at 2005年04月11日 01:41
ヒサヨシさま
お薬ありがとうございました。塗り薬も良いのがあるのですね!

オルゴール療法のページ・・・そうなんです。この記事を読みました。
オルゴールだけに始まったことではありませんが、やすらかな音の波は、なんらかの体に良い効果があると思うのです。

というよりは、これ自体はもうすでに証明もされていますから、否定の余地はないと思います。
しかしながら、もうすでに音には聞こえない3.75ヘルツの超低周波でしかも音圧のないものの効果はどれほどでしょうか?

「豊富な周波数の存在」がどう意味しているかをもっとちゃんと説明するか、実際のコームの音域の周波数とその高調波の周波数だけ書けばもっと説得力がでたのではないかと残念です。

とにかく今回の書き込みで思わぬ口内炎対策を皆さんに教えていただき大変良かったです。
ありがとうございました。
Posted by harpmaster at 2005年04月11日 15:39
オルゴール療法を受けているわけではありませんが、近いために実はそういう店で72弁を買いました。
そこで買う難点は納品に時間がかかることです。予約が多く先払いしても2,3ヶ月待ちなのですが、その理由が、72弁(以上?)は療法用に当店で再調整するためということなのです。
素人には分らないながら、一体何をどういう風に調整するのかかねがね不思議に思っています。harpmaster様はどう推察されますか?
Posted by aube at 2005年04月30日 23:26
これについては、私も良くわからないのですが、最も理解しやすい回答は「純正率」にするということです。
でも、かなり前のはなしですが、私が聞いた時は「純正率」にはなっていなかったような気がします。

次に、考えられるのは音を柔らかくするための工夫をすることも出来ないわけではありません。

また、2・3ヶ月待ちというのは、リュージュへオーダーすると在庫がない限り当たり前の数字ですし、エアメールでなければ、すぐに出荷しても、そのぐらいの期間を見るのは当然のことだと思います。

もし、お店の人に聞く機会があれば、「純正率」かどうかを聞いて見るのも良いかもしれません。
Posted by harpmaster at 2005年05月01日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

オルゴールと自動演奏楽器
Excerpt: オルゴールやストリートオルガン、オートマタなど自動演奏楽器の情報が満載のサイトです。 オルゴールと自動演奏楽器 そして、こちらが、オルゴールと自動演奏楽器さんの楽屋裏ブログ。 オ..
Weblog: オルゴール 大好き!!
Tracked: 2005-04-08 05:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。