2005年04月15日

最近のオルゴール

最近のオルゴールの音色を聞いて以下のようなことが気になってきた。

小型のオルゴール:
調整が悪いものが多く音の伸びが悪いものがある。
ゼンマイの巻ける回数が少なくて、演奏時間が短いものが多い。

リュージュの中型:
音色がやや硬い
調整が悪いものは、最初から音が割れて(共振)しているものがある。


オルガニート:
音色が悪いコームがある。
posted by harpmaster at 02:34| Comment(4) | TrackBack(0) | メモ、オルゴール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね! 私はリュージュのサブライム144を以前購入しましたが、音色が思っていた程良く無くガックリでした。リュージュ全体に言える事ですが、オルフェウス等と比べると、音量が極端に小さいのが有り、デパートの売り場では耳を近づけないと聞こえない程です。2世代前のリュージュは良い音色だと思います。やはり品質の低下でしょうか?
Posted by kiui at 2005年04月22日 16:52
私も最近買ったリュージュの36弁で、装飾のないシンプルな箱のもの(つまり一番安価なもの)が、ふたを開けて聴いたりちょっと動かしたりしただけでも音がぶわんぶわんと震えて、非常に不安定でした。よく見ると内蓋のガラス(アクリル?)のはめ込みがゆるくて動く状態でした。店で言うと隙間にシリコンを詰めて固定してくれましたが。小品とはいってもそれなりの値段なのに!と思います。
Posted by aube at 2005年04月22日 22:48
kiuiさま、こんばんは
おそらく、音量が極端に小さいのは、何らかの輸送中などのトラブルだと思います。出荷時には少なくとも大体同じぐらいの音量はでていると思います。
2世代前のものは音が柔らかかったと良く聞きますが、今のが悪くなったと言うことも無いと思います。硬いのが好きか、柔らかいのが好きかの違いかもしれませんね!
Posted by harpmaster at 2005年04月22日 23:19
aubeさま、こんばんは
私もリュージュ36音は持っていますが、やはり同じ状態で、隙間が大きくて、高級感もなくあまり好きではありません。
簡単に引っ張るだけで、ムーブメントが外れるのもちょっとひどい感じがします。
Posted by harpmaster at 2005年04月22日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。