2005年06月26日

違いのわかるオルゴールの聞き分け方

オルゴールってどれも同じ?
だと思っている人もいるかもしれませんが、どのオルゴールも違いがあります。
現在売っているオルゴールでさえも、同じ曲でも違いがあります。
それは箱による響きなども合わせて音の深みなどがあります。
ましてはアンティークオルゴールは、よりいっそう違います。
一部のオルゴールは音を聞いただけでオルゴールの機種を特定できるほどです。

では、どの様にしたら、聞き分けができるのでしょうか?
それは特殊な能力が必要でしょうか?

それは・・・


実は、オルゴールの音は普通の人が聞いて、違いは必ずわかるほど違います。
また、これは素晴らしい!これはあまり良くない!
などの差もあまり無いように思えます。
人間の耳は不思議なもので、障害がなければ
良いものは良い、悪いものは悪い、この音はキラキラしているなど
トーンについても、聞き分けられる能力はあるようです。

従って、
オルゴールの違いがわかる ということは、
それは、たくさん聞くことです。
そして、たくさんの種類を知ることです。
さらに、それに興味を持つことです。

聞き比べると、どのオルゴールもかなり特徴的です。
コームの数や、音色、編曲なども考えると有名なモデルは覚えられると思います。
もし、近くオルゴール館などに行かれることがあったら上のようなことを考えながら
注意して聞いてみてくださいね!
きっとオルゴールを聞くのがより楽しくなりますよ!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。