2005年07月12日

オートマタとダビンチ

約1週間間が開いてしまいましたが、久しぶりにブログを書くことに・・・・
あのレオナルドダビンチが、オートマタを作っていたら?ということをある海外の方と
話していました。
実際にダビンチは、人間の関節を全て歯車(ではなくてプーリー)と糸(ひも)で動かす図を書いていました。
別名ロボットの設計図?とも呼ばれていますが、ダビンチが最初にオートマタやロボットを考え出した人なのかもしれません。

当然それをつくってはいなかったと思いますが、この時代にそれを考えていたことは驚異的
です。
実際に、オートマタの全盛は1900年ごろ
それに対して、ダビンチを調べてみると(1452〜1519)となっているので、
400年も前にその原案とも言える図面を引いていたのです。
イタリアルネッサンスを代表する美術家・科学者、数学者・物理学者・天文学者・医学者?
このダビンチにとっては、周りの人は何で自分を理解してくれないんだろうとさぞかし思ったことでしょう。


posted by harpmaster at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オートマタ からくり人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。